お口のケア、歯が生えたらすぐにはじめましょう

お口のケア、歯が生えたらすぐにはじめましょう

乳歯や生えたての永久歯は、むし歯になりやすく、進行が早いもの。むし歯のない白い歯と整った歯並びにするには、できるだけ小さい頃からきちんと予防に努め、定期的にメインテナンスしていくことが大切です。子供の頃から歯医者さんに通う習慣を付ければ予防歯科への意識も高まり、大人になってからもむし歯になりにくい健康的なお口を維持できるようになるでしょう。

当院では、お子さんに親しんでもらうために院内にキッズスペースを、また治療後にはご褒美をご用意しています。そして、初診ではユニットに座って口を開けることからはじめ、少しずつ歯科診療に慣れてもらうようにしています。けっして抑えての治療は行いません。時間がかかってもトレーニングを行います。また、検診では中学生までは毎回フッ素塗布を行い、むし歯になりにくい口腔内環境を整えています。

親御さんへのお願い

歯医者に「怖い」というイメージを抱くお子さんは少なくありません。それは、「悪いことをすると歯医者で注射してもらうよ」などと叱られることで、「悪いことをした罰=歯医者、注射=痛い」といった認識がお子さんのなかで生まれてしまうためです。特に「注射」「痛い」といったワードに敏感に反応してしまいます。

本来、歯医者はお口の健康を守る場所。お口に違和感があったらスムーズに来院していただくために、親御さんはできるだけ「注射」「痛い」といったワードをお子さんの前では出さないようにしてあげてください。

小児歯科のメリット

メリット1. 永久歯の正しい歯並びを促せる

乳歯の期間は永久歯になるための準備段階。ここで正しい顎の骨格を形成しておけば、それはそのまま永久歯に生え替わっても引き継がれ、永久歯をきれいに並べることができます。

メリット2. 成長を利用できる

出っ歯や受け口などは歯の生え方に問題があると思われるかもしれませんが、そもそも歯の生え方に異常が発生するのは顎の未発達が原因になっているケースが多いようです。小児歯科では、成長を利用しながら顎の発達を促すことができるので、異常があっても早期にその芽を摘むことができます。

メリット3. 歯並びに悪影響を及ぼす癖を治せる

正しい舌の位置で、正しく呼吸し、飲食する。これらを無意識に行う日々の動作が正しい歯並びや顎の発達には大切です。小児歯科を受診していれば、歯や顎を正しく形成するのに悪影響を及ぼしているものがないか歯科医院で定期的にチェックでき、大きく軌道を外れないよう早期改善に取り組めます。

当院の小児歯科メニュー

定期検診

定期検診では、むし歯や噛み合わせのチェックのほか、予防処置を行い、規則正しく食べる食育についても指導しています。「歯医者さんは痛い」というイメージを残さないためにも、定期検診は積極的に受けましょう。

歯みがき指導

発育段階や歯の生え方に合わせて、より効果的な歯みがき方法をゆっくり丁寧に指導します。親御さんには、お子さんに合わせた歯ブラシの選び方、仕上げ磨きの方法などもお教えしますので、ホームケアに役立ててください。
※歯みがき指導は約330円です。

クリーニング

小さいうちは自分ではなかなか上手に磨けないもの。クリーニングでは毎日の歯みがきでできる磨き残しをきれいに取り除きます。歯の表面がツルツルになり汚れが付きにくくなるため、きれいな口腔内環境が維持されます。

フッ素塗布

むし歯菌の活動を抑制するフッ素を歯面に塗布することにより、歯の質を強化し、むし歯に強い歯にします。再石灰化を促す作用もあるので、ごく初期のむし歯であれば、修復することも可能です。子供の歯はやわらかく、むし歯になりやすいので、定期的なフッ素塗布はむし歯予防に効果的です。

母子感染に注意!

赤ちゃんのお口の中には、そもそもむし歯菌はいません。では、どこからうつるのかというと、実はその原因のほとんどがお母さん。お母さんが使っているお箸で食べものをあげたりキスしたりすることで、お母さんのむし歯菌が赤ちゃんにうつってしまうのです。もちろん、お母さん以外にも、赤ちゃんの身近な方々が原因となることもあります。

むし歯菌は歯が生えてきたら棲みつくため、生後6ヶ月~3歳がもっとも感染しやすい時期です。お母さんを含め、周りの方々が普段から予防意識を高め、歯のクリーニングを受けるなどむし歯菌を減らすよう努めるとともに、赤ちゃん専用でスプーンやお箸を使う、キスはできるだけしないなどして、大切な赤ちゃんのお口の健康を守ってあげましょう。

お子さんのこんな癖には要注意です!

指しゃぶり、唇を噛む

指しゃぶりでは、常に前歯に裏側から押す力がかかる状態が続くため、出っ歯になりやすくなります。唇や爪を常に噛んでいることも同様で、出っ歯や受け口の原因となります。

舌癖(ぜつへき)

歯の裏側から舌で押すことで、歯が正しい方向に生えるのを妨げてしまうことがあります。歯がずれて生えることで、上下の噛み合わせもずれてしまいます。

頬杖

いつも頬杖をついていると、外側から顎に常に力を加えている状態が続き、噛み合わせが乱れる原因になります。また、顎の成長に影響を及ぼすこともあります。

口呼吸

口呼吸ばかりしていると、舌が正常な位置からずれ、顎の発育に悪影響が及んでしまいます。また、ポカーンと口を開けていることで口輪筋がゆるみ、「出っ歯」になりやすくなります。さらには、口腔内が乾燥しがちになるため、細菌が繁殖しやすくなりむし歯になりやすくなることも。

小児矯正について

小児歯科における矯正治療では、未完成であるお子さんの歯と顎が正しく成長するように導きます。なお、小さいうちから矯正に取り組むと、以下のようなメリットがあります。お子さんの歯並びは気になるけれど、まだ小さいし……とお悩みの方は、まずはご相談ください。

  • 顎の骨格が成長過程にあるお子さんの歯並びは、大人と比べて修正がききやすいので、より理想的な歯並びに整えられます。
  • 成長の力を利用して顎の形や大きさも全体のバランスに合わせて矯正できるため、手術や抜歯といった大がかりな矯正の必要性が低くなります。
  • 乳歯が抜けるタイミングをコントロールして、永久歯が正しい方向に生えるようにサポートできます。
  • 早いうちから正しい噛み合わせに整えることで、歯に不要な力がかかることを防ぎ、ダメージを与えません。
  • 小さいうちにある程度お口のバランスを整えておけば、永久歯になってからの矯正も簡単になります。
  • 出っ歯や受け口、歯並びが悪いことによるコンプレックスを解消でき、自分に自信が持てるようになります。

出っ歯や受け口、歯並びの乱れを改善したい方はコチラへ。当院の矯正治療は専門医が行っています。

【院長よりメッセージ】

歯が生えて、ものを口にするようになったら、小さいうちでも気を付けることがいくつかあります。たとえば、「おやつは決まった時間に決まった量だけ」「就寝前に水とお茶以外のものは飲ませない」といったこと。また、指しゃぶりも歯並びに悪影響を及ぼすことがありますから、上下の歯が生えたらやめさせるようにしたほうがいいでしょう。幼少期の生活習慣は、永久歯へ影響するもの。お子さんの歯でお悩みの方は、些細なことでも結構ですから、気になることがあればご相談ください。

また、当院では、妊娠中の方の歯科治療も行っています。妊娠中は、ホルモンの関係やつわりが原因で食生活も乱れることから、むし歯や歯周病を引き起こしやすい口腔内環境になってしまいます。出産前にお口の状態を整えておくことが大切。体調を見ながら治療していきますので、安心してご来院ください。

  • ページの先頭へ戻る