歯がしみる、痛いといったお口の悩み、ありませんか?

冷たいものや甘いものを口にしたときに歯がしみたり、痛かったりすることはありませんか? 見た目に分からなくてもそれはむし歯のサインかも。一度むし歯になってしまうと、どんなにきれいに歯を磨いても治療しなければ治ることはありません。当院できちんとチェックしますので、まずはご相談ください。初期のむし歯であれば、簡単な治療で済みます。できるだけ早くご来院ください。

むし歯チェックリスト

  • 歯が白濁していたり、茶色っぽくなったりしているのが確認できる
  • デンタルフロスを使用すると、けば立ったり切れやすかったりする
  • 冷たいもの、甘いもの、熱いものを口にするとしみたり痛かったりする
  • 以前、歯がしみる、痛いという症状があったが、放置していたら感じなくなった
  • 歯に大きな穴が空いているのが確認できる

上記チェックリストにあてはまる項目があった方は、むし歯の疑いがあります。それ以上進行してしまう前に治療をはじめましょう。なお、あてはまる項目がなく、気になるところもなければ良好な口腔内環境であると思われますが、定期的にチェックしておけば安心です。歯医者さんにしばらくいっていないという方は、健康なお口を維持するためにも検診を受けることをお勧めします。

むし歯の原因

むし歯の原因はお口の中のむし歯菌と食べかすです。むし歯菌が食べかすの中の糖分をエサにして酸を出し、その酸が歯を溶かします。

むし歯菌をお口の中から根絶することは難しいため、むし歯予防のためには食べかすをお口の中に長時間放置しないこと。また、食べかすはむし歯菌が繁殖する温床となる歯垢の原因でもあります。食後はできるだけ早く歯を磨き、食べかすを除去しておくことが大切です。

むし歯の進行段階と治療法

段階 症状 治療法
C1
C1
歯の表面にあるエナメル質が溶けている状態です。自覚症状はあまりありませんが、歯の表面が白く濁って見えたり、茶色っぽくなったりします。 表面を少し削って、その部分を詰めもので詰めます。ほとんど痛みもなく治せます。
※削った部分をコンポジットレジンで充填すると約700円~1,000円です。
C2
C2
エナメル質に留まらず、その下の象牙質にまで進んでいます。噛むと痛い、冷たいものや甘いものが歯にしみるといった自覚症状が出てきます。 むし歯の部分を削って、その部分を詰めもので詰めます。麻酔を打って治療することもありますが、数回の治療で終了することがほとんどです。
※削った部分に保険のインレーを入れると約700円~1,000円です。
C3
C3
象牙質からさらに進み、歯の神経にまで進んでいる段階です。熱いものもしみるようになり、ズキズキと痛みます。 神経を取る「根管治療」を行った後、被せものを被せます。治療回数も増え、削る部分も多くなります。
※支台構築(歯の土台)に約500円~1,000円、保険の銀歯約が3,000円~5,000円です。
C4
C4
歯冠部分が溶けてなくなり、神経もないため、痛みは感じません。しかし、放置しておくと炎症を起こし再び痛みます。この段階まで進むと、顎の骨にまで症状が進むおそれが出てきます。 抜歯が必要になることがほとんどです。インプラントや入れ歯で補う必要があります。治療法にもよりますが、治療期間、回数ともに増えてしまいます。
※抜歯は約2,000円~3,000円です。
  • ページの先頭へ戻る

むし歯がひどくなったときの根っこの治療~根管治療~

「根管」とは、歯の中の神経が通っている管のこと。重度のむし歯になると、歯の神経までむし歯が進み死んでしまうことがありますが、この死んだ神経を除去し、根管内をきれいにして根の先まで薬を入れて再発を防ぐのが根管治療です。歯の神経は極めて細いため、精密さが要求される難しい治療ですが、根管治療を行えば神経まで進行したむし歯であっても抜歯せずに残すことが可能になります。

当院での根管治療の流れ

STEP1. カウンセリング、診査診断

カウンセリングを行います。現在の症状について詳しく教えていただき、あわせて治療のご希望などもうかがいます。治療について、不明な点などがありましたら、どんなことでもご質問ください。

その後、治療に向けてデジタルレントゲンを用い、患者様のお口の状態を詳しく診査します。根管治療は精密な治療ですから、この診査をしっかり行って、治療する歯の正確なデータをきちんと取っておくことが必要です。

STEP2. 治療のご説明

診査を踏まえて、その結果と、どのような治療が行われるのか詳しくご説明します。気になる点は遠慮なくご質問ください。分かりやすくご説明します。治療内容にご納得いただければ治療を開始します。

STEP3. 根管治療

むし歯部分を削り取り、死んだ神経などを根管からきれいに除去します。その後、根管内を洗浄・消毒し、先まで薬剤を入れます。

STEP4. 被せものの作製と装着

歯にぴったりと合う被せものを作製し、装着します。被せものの素材については、様々な種類を取り扱っていますので、患者様のご希望に沿ったものをお選びいただけます。

STEP5. 治療後のメインテナンス

治療終了後も定期検診にて経過観察していきます。神経を抜いてしまった歯は、仮にむし歯を再発しても、痛みを感じないため、ご自分では再発に気付かないことも少なくありません。定期検診でしっかりチェックしておけば安心です。

もうむし歯にならないために

一度むし歯になった歯は治療しても、再発しやすくなっています。詰めもの・被せもののほんのわずかな隙間からでもむし歯菌が入り込んでしまうことがあるからです。再発防止のため、定期検診はきちんと受けましょう。

【院長よりメッセージ】

むし歯治療はなにより、早期発見・早期治療が大切です。治療は早ければ早いほど簡単に済みますが、むし歯が進行してしまえばそれだけ治療期間は長くなり、治療も難しくなります。特に、根管治療は遅れれば抜歯となってしまうこともあります。

治療を先延ばしにせずにむし歯に気付いたらすぐにご相談ください。また、むし歯の再発防止のためには、治療後のきちんとしたケアと定期検診が大切。治療後も定期的にご来院ください。

  • ページの先頭へ戻る